ブログトップ

想い出cameraパートⅢ

#154 金沢の坂

これはもう一つの金沢観光案内です 金沢は坂道が多い街 100以上の坂道あるらしい
ここに紹介したモノはほんの一部です・・・ 坂を探しに金沢へ来てみませんか


大瀧坂

かつてこの坂の脇には辰巳用水から台地下の田畑を潤す流れが大きな滝のように流れ落ちていたことから
この名がついた。


b0177233_5152434.jpg


b0177233_54065.jpg



b0177233_5164465.jpg

PowerShot G10




嫁坂

本多町の奥から小立野へと上る坂 藩政時代初期 篠原出羽守が娘を本庄主馬に嫁がせる時に荷物を運
ぶために切り開いたと伝えられる坂道 しかし一説にはここから嫁を蹴落としたというものもあるみたいです


加賀藩の重臣だった篠原出羽守が 鉄砲隊頭を務めていた本庄数馬に娘を嫁がせるにあたり 嫁入り道具
を運ぶために切り拓いて造った道です もちろん 娘は嫁に行くときもこの道を通ったそうです 娘を思う親
心の強さを思い知らされる道ですね 坂の途中で急に視界が開け 坂の上からは金沢の町並みが一望で
き 絶好のビューポイントになっています


a0278914_1537653.jpg



a0278914_15371731.jpg



a0278914_15372869.jpg

DSC-RX1




東山界隈の坂道

a0278914_5451015.jpg



a0278914_5453379.jpg



a0278914_5455942.jpg



a0278914_5462451.jpg



a0278914_5464792.jpg



a0278914_5471713.jpg

OM-D E-M5・14-42㎜ 1:3.5-5.6 ⅡR


a0278914_10212032.jpg



a0278914_1022036.jpg

DSC-RX1




子来坂

卯辰山へ登る時 この坂を通って子供達がたくさん来るようにという願いを込めて
付けられたらしいです


a0278914_10161152.jpg



a0278914_10165985.jpg



a0278914_10173120.jpg

DSC-RX1




主計町茶屋街にある坂

主計町茶屋街に行ったら是非この二つの坂探して下さいね


暗がり坂

久保市乙剣宮より主計町に通じる小路を指し 日中も日の当たらない暗い坂道なので この名で呼ばれて
いる 暗闇坂ともいう


a0278914_3545655.jpg



a0278914_3552439.jpg



あかり坂

尾張町から主計(かずえ)町へ通じる「暗がり坂」に平行する坂も作家の五木寛之氏が命名し標柱には氏の
言葉が刻まれている 「暗い夜のなかに明かりをともすような美しい作品を書いた鏡花を偲んで あかり坂
と名づけた あかり坂は また 上がり坂の意(こころ)でもある」


a0278914_3554819.jpg

奥に見える坂「あかり坂」といわれ作家の五木寛之氏が命名した坂 奥まで行ってみればよかった・・・


a0278914_3561173.jpg

OM-D E-M5・14-42㎜ 1:3.5-5.6 ⅡR


広坂

坂道の幅がひろいでのこの名で呼ばれているが 加賀藩時代から明治中期頃までは安房殿坂 作事坂とも
いわれていた


d0342652_1111418.jpg

DSC-RX1


兼六園の坂

真弓坂

広坂通りから園に入って 瓢池に至る坂 坂名は5月下旬頃に花を付ける真弓の木に由来している 入口には
斜めに張り出した大きな赤松がある また 左手園地には万作があり 2月頃に細く黄色い花を咲かせ梅と
ともに兼六園の春の訪れを告げる

広坂交差点(広坂バス停・金沢21世紀美術館)方面からの入口 明治7年に兼六園が公園として一般公開
されたときに開かれた坂道


a0278914_14501490.jpg



a0278914_14561930.jpg



a0278914_14502852.jpg



a0278914_14504272.jpg



a0278914_14555320.jpg



紺屋坂

兼六園下交差点から兼六園の桂坂口へ向かう坂道である 飲食店やみやげもの店が立ち並び 観光名所
らしい賑わいを見せている

藩政時代はここに加賀藩のお抱え紺屋(染物屋)があった 森本舘紺屋の孫十郎という職人で 初代藩主利
家に気に入られ 慶長5年(1600)には紺屋頭に任命されている その森本舘紺屋があったことから紺屋坂
の名が付いたといわれている また坂の上には紺屋坂腰掛脇御門があったが 明治2年(1869)に撤去され



d0342652_113288.jpg



d0342652_1135174.jpg




d0342652_1141427.jpg

DSC-RX1


蛤坂

犀川大橋詰から寺町台へ抜ける坂道が蛤坂です 享保18年(1733年)に金沢で大火があり この辺り一帯
は焼け野原になりました 焼け跡の曲線を描く坂の地形が 焼き蛤が口を開けたようだと 地元民が名づけ
たといわれています この坂の途中には老舗料亭があり 昭和初期に建てられた風情ある木造4階建ての
造りが目を引き 坂の由来を知るとともにもう一つの楽しみでもあります


a0278914_1357596.jpg



a0278914_13572173.jpg



a0278914_13573523.jpg



a0278914_13575760.jpg



a0278914_13581124.jpg

加賀藩前期に妙慶寺坂といったがみ享保十八年の火災後
蛤が口を開いたようになったのでこの名がついた


a0278914_13582525.jpg

DSC-RX1




不老坂

細く急な坂道であったが明治の中ごろ上菊橋とつながり のち拡張整備され縁起の良いこの名が
つけられたという 近くに風呂屋があり不老長寿によいというので この名で呼ばれたともいう


a0278914_13251493.jpg



a0278914_13263469.jpg



a0278914_132703.jpg

DSC-RX1




桜坂

慶応元年に作られ明治25年改修された 城からの眺めをよくするため 加賀藩時代 坂の上に桜が多く植
えられたのでこの名で呼ばれた


a0278914_414034.jpg



a0278914_415459.jpg

DSC-RX1




新桜坂

この坂は1970年5月にできた新しい坂です それまでは車は桜坂 人は主に石伐坂を上がっていました
桜橋を市内から渡り 右に登り 寺町へと通じる坂です


a0278914_5354389.jpg



a0278914_5355855.jpg



a0278914_5363647.jpg

DSC-RX1




W坂(石伐坂)

旧四高生が名づけたというW坂 藩政時代から坂の上に石工の職人町があったので石伐坂とも呼ばれて
いた 桜橋のたもとからジグザグに折れ曲がりながら登って行けばそこは寺町 うっそうとした緑につつま
れ 昼なお暗い静かなたたずまいのW坂は室生犀星がもっとも好んだ散歩道である
                                     

寺町台から犀川に架かる桜橋のたもとへと抜ける坂道 遠くから見るとジグザグに鋭く折れる姿から 旧制
四高(現・金沢大学)の学生たちが命名したといわれてます 作家井上靖の通学路でもあり 小説『北の海』
にも登場しています 藩政時代は寺町台に石工の職人たちが住み 「石伐坂」(いしきりざか)と呼ばれてい
ました 春には坂の上から眺める犀川と桜並木は絶景


a0278914_5255240.jpg



a0278914_526736.jpg



a0278914_526201.jpg



a0278914_5264140.jpg

DSC-RX1
[PR]
Commented at 2016-05-09 10:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yuki8isi96 at 2016-05-09 10:40
こんにちは!!
歴史や坂シリーズ見ていて勉強になります!
僕はちょうど学校の研究?と授業の取り組みで
金沢の歴史や文化を調査したり観光案内を行っているため
見ていて興味が涌いてきます(笑)僕もガンガン知識付けて情報発信できるようにまでなりたいですな。
また楽しみにしてます!
Commented by show1792 at 2016-05-09 10:49
色んな坂道があるんですね
そして、名前の由来もそれぞれ物語がある
特に篠原出羽守の嫁ぐ娘への思いは感慨深い
嫁坂とは、グッとくる名前です
Commented by imno1 at 2016-05-09 12:12 x
夫々の坂に夫々の風情があって…

どれも良いですね
Commented by hiko2012 at 2016-05-09 15:45
こんにちは(^.^)
 卯辰山に2度程歩いています。
 懐かしいな~ 
 慰安旅行で・・「ごりや」?「なまずや」?で食事
 ootoと兼六公園から歩いて「六角亭」ステーキやに
 思い出の坂です!ありがとう~
 もう、歩けませんわ!
Commented by yamaboushi53 at 2016-05-09 16:14
こんにちは
素晴らしい!金沢には本当にたくさんの坂があるんですね。
そのひとつひとつを詳しく紹介してくださり、頭が下がり
ます。これらの写真をまとめれば、素晴らしい郷土資料に
なりますよ。坂の写真を観ていると、グレープが歌った「無
縁坂」という曲が甦ってきました。
renchiyan3さん、この写真、全部歩いて撮影されたので
すか。これにも感動です。
Commented by いちご at 2016-05-09 16:29 x
夢遊さん、こんにちは。
ほんとたくさんのいろいろな坂があるのですね!
坂を探して巡る旅っていいかもしれませんね。
わが県、広島の尾道は坂の街です。
よく似ていて何だかとっても親しみが湧きます。
金沢は風情ある建物が多いので一段と坂と合っていて素敵な街並みですね。
Commented by renchiyan3 at 2016-05-09 18:32
鍵コメさん こんばんは
金沢の坂総て歩き通したら少しはダイエットにいいかもしれま
せんよ 私も制覇してみたいですが 近くに住んでいながら
中々出向けません・・・
Commented by renchiyan3 at 2016-05-09 18:34
yukiさん こんばんは
金沢の坂の由来総て自分の言葉で書いたら多分立派な卒業論文
になると思います 期待しています
Commented by renchiyan3 at 2016-05-09 18:36
showさん こんばんは
嫁坂 もし蹴落とす方が本来の謂われだったら少し怖いですね
でも謂われ調べながら金沢の坂訪ねるのもいいもんですよ
Commented by renchiyan3 at 2016-05-09 18:38
imno1さん こんばんは
坂道上がり下りは少し辛いけれど趣があってほんといいもんで
すね
Commented by renchiyan3 at 2016-05-09 18:39
h-ちゃん こんばんは
懐かしんで戴いてありがとうございます また気分転換にゆっ
くり歩きに来て下さいね
Commented by renchiyan3 at 2016-05-09 18:41
ヤマボウシさん こんばんは
一応歩いて撮りましたが総て用事のついでに撮ったモノでブロ
グでも紹介しています それを単に一つにまとめてみました
Commented by renchiyan3 at 2016-05-09 18:43
いちごさん こんばんは
尾道一度行ってみたいです 坂道ってほんと絵になりますね
いつか金沢の坂制覇してみたいです でも難しいですね
Commented by kitascene at 2016-05-09 22:03
こんばんは。
石段の坂道も多いようですね。
それぞれの坂道に風情があり歴史を感じます。
一度は行ってみたい「金沢」、こんなに坂が多いと足腰を鍛えてから出ないと行けませんね。
Commented by iwamoto at 2016-05-09 23:46 x
坂が100くらいしかないとしたら、この取材は殆どを網羅している感じですね。
趣があると言おうか、さすがに金沢と思わされます。
地面模様としては桜坂を崖の上から撮ってみたい気分です。

坂の街と言えば「東京」「長崎」などが思い浮かびますが、東京は街の規模が違いますからね。

Commented by renchiyan3 at 2016-05-10 04:57
kitasceneさん おはようございます
金沢の観光2泊3日くらいで歩いて回るのが一番かと思います
足腰鍛えてゆっくり来て下さいね
Commented by renchiyan3 at 2016-05-10 04:59
iwamotoさん おはようございます
通っていても撮ってない坂道多々あります でも少しずつ撮り
続けて行きたいと思っています 本当はついででなくゆっくり
回ってみたいです・・・
Commented by ei5184 at 2016-05-10 05:13
マタマタご丁寧なご案内をありがとうございます。
馴染みの坂もあれば、初めての処も!
暗がり坂とあかり坂は、金沢へ訪ねた時 四季を問わず
早朝と夜に必ず撮影しています(笑)
Commented by renchiyan3 at 2016-05-10 05:31
eiさん おはようございます
暗がり坂とあかり坂この時初めてでした 主計町何度か行って
いたのに気がつきませんでした 今度行ったときゆっくり撮っ
てみたいです
by renchiyan3 | 2016-05-09 06:10 | 金沢 | Comments(20)

やっぱりトンガリ帽子のカメラが好き・・・
最新の記事
#624 桜とデゴイチ その①
at 2017-04-27 04:43
#623 犀川堤防の桜
at 2017-04-26 05:13
#622 サクラとデゴイチ
at 2017-04-25 04:59
#621 樹木公園
at 2017-04-24 04:51
#620 留桜
at 2017-04-23 07:32
#619 堤防の桜 その②
at 2017-04-23 04:50
ファン
ブログジャンル