ブログトップ

想い出cameraパートⅢ

#435 白山郷惠比壽神社

d0342652_70233.jpg



d0342652_781940.jpg



d0342652_705388.jpg



d0342652_735748.jpg



d0342652_741753.jpg



d0342652_743596.jpg



d0342652_745677.jpg



d0342652_751552.jpg



d0342652_753785.jpg

11月26日撮影 ISO200 RAW現像


追記


1.杉の木がないと神は降臨できない
 
神社にはなぜ杉の木があるのか、その意味をご存じですかなあ?
そういえば、どこの神社にも杉の木があるよなあ。とりわけ神社には大木が多いよなあ。見上げるような威風には神々しさを感じるよなあ。と思考を進めていける人は、なにがしか、鎮守の森や杉の木の力を感じているわけでして、「杉の木とはなんぞや」の答えを知らず知らずに体感しているのですが、「神社を建て替える時の材料用に植えてある」などと認識していては神様が嘆きますぞぉ!
それでは、神社になぜ杉の木があるのかご説明いたしましょう。
古来から、神様は高天原(たかまがはら)(天上界)から地上界へ杉の木を伝って降臨してくると考えられているんですねぇ。杉の木を介して天上界と地上界を往ったり来たり、神様はしているんです。つまり杉の木がないと神様は降りて来られない、天上にも帰れない、と考えられているんですねぇ。杉は木々の中でもとりわけ太く高くまっすぐに成長します。空高く凛とそびえる杉の大木。皆さん、天まで届きそうな立ち姿に、そんな役割を感じたことありませんか? そういうことで、神社には大きな杉の木があるわけです。そして、天孫降臨の聖地高千穂では、夜神楽という伝統文化の中で、神が杉を伝わって降臨する神楽「杉登り」が舞い継がれています。
 
2. 杉の木は神様の体毛

いま少し、神話の世界をご紹介しましょう。
高天原(天上界)から出雲の国に来て、八岐(ヤマタ)の大蛇(オロチ)を退治した素戔嗚尊(スサノオノミコト)は、天照大神(アマテラスオオミカミ)の弟ですが、たいそう暴れん坊、きかん坊の神様で、その振る舞いを嘆かれて姉の天照大神(アマテラスオオミカミ)が「天の岩屋」へお隠れになり、この世が真っ暗闇になってしまった。さあ大変だ!というところから始まるのが、高千穂に伝わる「天の岩戸開き」の神話で、高千穂の夜神楽でも舞い伝えられています。この素戔嗚尊(スサノオノミコト)が、少彦名命(スクナヒコナノミコト)らを連れて唐の国に出向かれた時に、木がなければ舟も作れないだろうと言って、自分の体毛を抜いて植えられた。それが杉の木になったと神話の世界では語り継がれています。
                                       ネットより拝借
[PR]
Commented by ペンタスキー at 2016-12-09 07:48 x
おはようございます。
青空の下のこの神社は初めて見た気がします。
曇りの日と雰囲気違いますね。
Commented by iwamoto at 2016-12-09 07:59 x
意図的に、色々な木を植えているようです。
メインテナンス用という話も聞きますが、もっと深い意味があるのかも。
暗い中に見上げた黄葉が光って綺麗ですね。
Commented by manekinntetti at 2016-12-09 08:37
あ~♪久々の登場だわぁ~。

髪の毛も(笑)伸びたかようで 前とはちょっと違った感じ。
鳥居の周りの風景も四季を通じて良いですね(^_-)-☆
Commented by hiko2012 at 2016-12-09 09:48
おはようございます(^^)/
杉の大樹ありますね~ その様な意味があるのですね。
有難う。あらためて見上げて来ます。
Commented by esiko1837 at 2016-12-09 09:50
夢遊さん、おはようございます。
そうですよね、神社は必ず木々に囲まれていますよね。
でもそれが杉の木に限るとは知りませんでした。
理由がちゃんとあるのですね。
田んぼの中のちょっとした森の存在感は、癒しになると思います。
Commented by sakuramoon7767ryo at 2016-12-09 15:01
杉は神様の体毛だったんですかぁ? 
真っ直ぐ伸びる杉の木に神様は降臨するのですかぁ?
知りませんでした^_^;
Commented by renchiyan3 at 2016-12-09 17:01
ペンタスキーさん こんにちは
そう言われたら青空の下で撮ったことないかもしれませんね
この日は少し時間があったので散歩がてら撮ってきました
Commented by renchiyan3 at 2016-12-09 17:04
iwamotoさん こんにちは
イチョウの木は防火の為に植えられていることは知っていまし
たが何故神社に杉の木が多いのか知りませんでした iwamoto
さん問われてネットで少し検索していたらやはり謂われありま
した 「追記」で上げましたので読んで下さいね
Commented by renchiyan3 at 2016-12-09 17:06
manekinntettiさん こんにちは
ここ自宅から歩いて5分程で行ける場所で何時でも撮れるはず
なんですが中々撮れないでいます 今度雪が積もった頃撮って
みたいです
Commented by renchiyan3 at 2016-12-09 17:07
h-ちゃん こんにちは
私もネットで検索するまで知りませんでした それで杉の木が
ご神木なんですね
Commented by renchiyan3 at 2016-12-09 17:09
sakuramoonさん こんにちは
私も今日の今日までそんなこと知りもしませんでした やはり
問われると勉強しますね でも私勉強大嫌いです
Commented by yamaboushi53 at 2016-12-09 20:01
こんばんは
勉強になりました。ありがとうございました。
確かに近くのお宮さんにも山梨の氏神様にも
太い大きな杉の木がありました。
納得ができました。
日本書紀や古事記、読んでみると結構面白い
ですね。
Commented by hanashigai at 2016-12-09 20:02
凄く勉強になりました!
私も同じテーマで記事を書かせていただきます。
Commented by renchiyan3 at 2016-12-09 20:47
ヤマボウシさん こんばんは
iwamotoさんに問われて検索していたらこんな文章に出会い
ました こんな意味があろうとは知るはずもありませんでし
た ネットの繋がりって不思議ですね
Commented by renchiyan3 at 2016-12-09 20:49
hanashigaiさん こんばんは
そうですか楽しみにしています 謂われ調べてみるのも楽しい
ですね でもネットから無断拝借なのでごめんなさいです・・・
Commented by renchiyan3 at 2016-12-09 20:55
esikoさん こんばんは
飛ばしてしまってごめんなさい 神社どこでも木に囲まれてい
るのは知っていたけれど こんな謂われあるとは知りませんで
した iwamotoさんに問われなければ知らないまま終わってい
たと思います
Commented by siawasekun at 2016-12-10 02:00 x
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

いろいろ見て、楽しめました。
眺めて、ほっとし心安らぎました。

ありがとうございました。
Commented by renchiyan3 at 2016-12-10 04:47
siawasekunさん おはようございます
神社の周りの木特に杉の木の謂われ初めて知りました 謂われ
を調べていくのも面白いかもしれませんね ありがとうござい
ます
by renchiyan3 | 2016-12-09 04:44 | 神社・仏閣 | Comments(18)

やっぱりトンガリ帽子のカメラが好き・・・