ブログトップ

想い出cameraパートⅢ

#1195 大乗寺

d0342652_16133344.jpg

ISO200 RAW現像


d0342652_16142233.jpg



d0342652_16144026.jpg



d0342652_1615417.jpg



d0342652_16153070.jpg



d0342652_16155379.jpg



d0342652_16165233.jpg



d0342652_1616222.jpg



d0342652_16174935.jpg



d0342652_16181085.jpg



d0342652_16183083.jpg

ISO640 RAW現像


d0342652_16185792.jpg



d0342652_16193271.jpg



d0342652_16195773.jpg

ISO200 RAW現像


d0342652_16202981.jpg

7月17日撮影


東香山大乘寺は、山号を別に古くは椙樹林、のちには金獅峯ともよんでまいりました。ご開山は、
福井県の曹洞宗大本山永平寺の第三代・徹通義介禅師です。
徹通義介禅師は、師の道元禅師の清貧、古淡の家風をうけつぎ、人材育成に意を注ぎ、時代に即応
し、時代に先行する仏法の実現に夢を結んだ祖師でありました。そして、徹通義介禅師の門下から、
曹洞宗大本山總持寺を開創した曹洞宗太祖瑩山禅師が登場されました。瑩山禅師は大乘寺の第二世
であります。
実に、大乘寺は、大本山永平寺、大本山總持寺に格別の由緒をもち、大本山永平寺の四門首の一で
あり、両大本山に次いで、わが国曹洞宗の古刹と言ってよいのであります。
大乘寺の伽藍は、わが国禅宗建築なかんずく曹洞宗寺院建築の典型的な七堂伽藍の配置を示してお
り、仏殿は国の重文指定、その他の建物は、県、市の指定有形文化財となっています。
いま、大乘寺には多くの人びとがこころのささえを求めて参禅におとずれ、あるいは境内の寂びた
佇まいに、みずからの本来のあり方をさぐろうとする人びとが、年ごとに増えています。
    ネットより拝借
[PR]
Commented by iwamoto at 2018-08-07 11:34 x
その名からの連想ですが、曹洞宗は大乗仏教なのかなと・・・。
でも、この辺って、シロウトが迂闊に口を出さない方が良いですね。

たぬきばやしの「しょうじょうじ」は、小乗とは関係無いと思われますね。
Commented by yamaboushi53 at 2018-08-07 18:22
こんばんは
このお寺、永平寺となんとなく似ているような
感じがします。蓮の花がとても綺麗です。
お寺にも狛犬があるんですね。
Commented by renchiyan3 at 2018-08-07 21:12
iwamotoさん こんばんは
小乗仏教 新興宗教にはあるのかもしれませんが ほとんど
大乗仏教だと思います
Commented by renchiyan3 at 2018-08-07 21:14
ヤマボウシさん こんばんは
禅宗系のお寺多分作りよく似ていると思います ここに狛犬あ
るのこの時初めて気がつきました・・・
by renchiyan3 | 2018-08-07 03:57 | 神社・仏閣 | Comments(4)

やっぱりトンガリ帽子のカメラが好き・・・